スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブチぎれた!

うつうつしながらも引越しの準備を進めるえらい私。


お坊ちゃまが帰ってきてから大家とオオクボの件をネチネチ愚痴る。
お坊ちゃまは玄関にある荷物を隣の部屋に運び一言。


「他に手伝うことはある?」


「今は特にない。」


「眠いからお風呂入って寝る。」


「えー、まだ終わってないから寝てもいいけれど電気つけといてよねー。」


「えー。やだー。」


そして、さっさと風呂に入ってしまった。
今日も残業で遅かったので仕方ないと怒りを押し殺していた。


「ねぇ、この大魔王ってお酒飲むの?飲まないなら捨てるけど。」


「うーん、飲まないから捨てちゃってぇ。」


「・・・(なぬっ)!!」


なんと、風呂から上がったお坊ちゃまは寝ずにゲームを始ていた!
私の堪忍袋の緒がきれたぁぁぁぁぁぁぁぁ!


「ちょっと、あなた自分の荷物ぐらい自分でまとめたらどうなの?
 どうして私があなたの荷物までまとめなきゃならないのよ?
 自分で買って自分で飲まなくなったお酒の瓶は自分で捨てに行ってちょうだい。
 どうして私がそこまでしてあげなきゃいけないのよ!!
 あーーー、バカらしい!」


「そんな嫌味言うならさっき『他に手伝うことある?』って聞いたときに言えよ!
 今更そんなこと言うのおかしいだろっ!」


「さっきはなくったって、どーみたって準備終わってねーだろーが!
 お前の目はどこについてんだよっ!節穴かっ!
 さっき荷物ちょっと運んだだけで準備したつもりか?
 あんたのその辺に転がってる荷物はどーすんだよっ!」


「うん手伝ったじゃん。自分の荷物は明日引越屋が帰った後に運ぶし。」


「あーーー、ほんっとにバカらしい。
 こんな奴の荷物なんて、まとめてやるんじゃなかった!
 こんな奴の荷物なんて、運んでやるんじゃなかった!
 自分で自分がバカらしいわ!
 やってらんない!だから私はうつ病なんだわ!!」


そして隣の部屋に運ぼうと玄関に置いておいたお坊ちゃまの荷物をリビングに戻す。
ついでに捨てに行こうとした”大魔王”の酒瓶もリビングに戻す。


「この荷物は私のじゃないし、この酒も私のじゃないし、放っておきましょう。
 そうそう、放っておきましょう。私は知らないわ。関係ないわ。
 あーーー、バカらし、バカらし。ほんとやんなっちゃうわぁー。」


「・・・」


そのままお坊ちゃまはご就寝。
私は隣の部屋にお風呂へ。


次回、”起きてるんでしょ?”に続く・・・


↓応援クリックお願いします! (-人-)↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 夫婦恋愛へ 人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : †愚痴・ぼやき・呟き†
ジャンル : その他

tag : 引越し お坊ちゃま

コメント

Secret

プロフィール

コモモちゃん

Author:コモモちゃん


性 別: メ ス
年 齢: 33歳(若作り)
血 液: O 型
兄 弟: いない
結 婚: している(7年目)
子ども: 妊娠中
現 在: 東 京(昔も東京)
うつ歴: 2005年に発症
      現在通院・投薬なし

このブログ:私とお坊ちゃまの
       結婚生活の記録

カウンター
これまでのお客様

現在の閲覧者数
おきてがみ
おきてがみ
足あとを残せます☆
後ほど訪問致します(-人)謝謝

ランキング参加中~♪
貴方の"ポチ"をお待ちしてます

にほんブログ村 恋愛ブログ 夫婦恋愛へ



PINGOO!カテゴリメンタルヘルス

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
お友達リンク
相互リンク募集中で~す♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。