スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

闇を走る

たまに心が独りぼっちで寂しく感じるときがある。


私にはまだ両親もおり夫もいる。友達もいる。


しかし彼らの存在すら全く近くに感じられず、気がつくと真っ暗闇の中に突然
一人ポツンと立ち尽くしているのだ。


その時の私の心は子供の状態のままだ。多分、アダルトチルドレンというものだろう。
どうしていいのかわからずその暗闇の中で泣きじゃくっている。


出口を求めて歩いてみたり時には走ってみたりするが一向に光はみつからない。
そして普段、大人の私が一生懸命ふたをして隠している感情が一気に吹き出す。


”私にはできない”

”一人ではなにもできない”

”誰かに助けて欲しい”

”どうして私だけ?”

”全てから逃げ出してしまい”

”このまま消えてなくなりたい”


優しい誰かが


「こっちだよ。」



と言って手を差し伸べてくれるのを待っている。


でも大人になった私が


「誰も助けてはくれない。自分の足で歩いて自分で出口を見つけなければいけない。」


と言う。


他のみんなは自分の足で出口を見つける力を持っているのだろうなと思う。
その力を身につけることができず、ここまできてしまった自分の情けなさに
大人になった私も涙を流す。


弱音をはきながらでもいい、泣きながらでもいい、きっと走り続けなければならないのだろう。


なんて辛いことなのだろうと思う。


そして走り続けて見つけた出口の先で私を待っているものはいったいなんなのだろう・・・・・・


↓応援クリックお願いします! (-人-)↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ PINGOO!カテゴリメンタルヘルス

スポンサーサイト

テーマ : 壊れそうな心
ジャンル : 心と身体

tag : アダルトチルドレン

コメント

Secret

プロフィール

コモモちゃん

Author:コモモちゃん


性 別: メ ス
年 齢: 33歳(若作り)
血 液: O 型
兄 弟: いない
結 婚: している(7年目)
子ども: 妊娠中
現 在: 東 京(昔も東京)
うつ歴: 2005年に発症
      現在通院・投薬なし

このブログ:私とお坊ちゃまの
       結婚生活の記録

カウンター
これまでのお客様

現在の閲覧者数
おきてがみ
おきてがみ
足あとを残せます☆
後ほど訪問致します(-人)謝謝

ランキング参加中~♪
貴方の"ポチ"をお待ちしてます

にほんブログ村 恋愛ブログ 夫婦恋愛へ



PINGOO!カテゴリメンタルヘルス

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
お友達リンク
相互リンク募集中で~す♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。