スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エジプト紀行(17)

~エジプト観光編 観光2日目 午前~

*王家の谷

 歴代のファラオ(王)のお墓。誰の墓か不明なものもある。
 ツタンカーメンの墓を除く3ヵ所の墓に入場できるのだが長蛇の列で時間がなく、
 ラムセス1世・ラムセス3世の2つしか見れなかった。

 ラムセス3世の墓はとても奥に広く、色つきのきれいなレリーフ(浮き彫り)が
 壁一面に残っていた。
 
 あかりちゃんと
 「これだけ作るのってさ昔の人って相当、暇だったんだろうね。」
 と、ありがたみのないことを話した。バチがあたりそうだ。
 
 3ヵ所まわった目印に係りの人がチケットに穴をあけるのだが、普通の2つ穴の
 穴あけパンチを使っていたのがうけた。なんか、専用の作ろうよ。。。
 
 ☆ツタンカーメンの墓
 
  最初に皆でツタンカーメンの墓を見学。
  お墓としては小さいが、ここからたくさんの宝石や装飾品が発見された。
  王としては短く、18歳で死んだらしい。
  
  ここで念願のミイラとのご対面!!しかもツタンカーメン!!
  「はっ・・・はじめまして・・・(ウルウル)」である。
  後がつかえてるのも気にせず、ど真ん中を陣取る。
  
  やはり古代の人だし18歳ともあり小さかった。撮影不可なのが残念。
  ミイラを納めた人型棺と石棺も展示されていた。

*ハトシェプスト女王葬祭殿
 
 ファラオが死んだ時、葬儀が行われた葬祭殿。
 ハトシェプストは王が死んだ後、国の分裂を避けるためにいかにも王が生きているかのように
 みせるため自分で付け髭をつけ、王の格好をして国を治めた。

 側室の子・トトメス3世が修行を積み大人になってから王の座を譲った。
 とても強い女性だと思う。憧れるし、ハトシェプスト女王が好きになった。
 
*メムノンの巨像

 ただの写真スポット

*ラムセス3世葬祭殿
 ラムセス3世葬祭殿
 王が捕虜を捕まえている姿。捕虜の頭をつかみ、
 足を踏みつけている。そして捕虜を神にささげる。


↓応援クリックお願いします! (-人-)↓

  人気ブログランキングへ

 
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

tag : エジプト 王家の谷 ツタンカーメン ハトシェプスト女王葬祭殿 メムノンの巨像 ラムセス3世葬祭殿

コメント

Secret

プロフィール

コモモちゃん

Author:コモモちゃん


性 別: メ ス
年 齢: 33歳(若作り)
血 液: O 型
兄 弟: いない
結 婚: している(7年目)
子ども: 妊娠中
現 在: 東 京(昔も東京)
うつ歴: 2005年に発症
      現在通院・投薬なし

このブログ:私とお坊ちゃまの
       結婚生活の記録

カウンター
これまでのお客様

現在の閲覧者数
おきてがみ
おきてがみ
足あとを残せます☆
後ほど訪問致します(-人)謝謝

ランキング参加中~♪
貴方の"ポチ"をお待ちしてます

にほんブログ村 恋愛ブログ 夫婦恋愛へ



PINGOO!カテゴリメンタルヘルス

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
お友達リンク
相互リンク募集中で~す♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。