スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イラッとする客

今日も喫茶店でのお話。


メガネをかけた横に広がりめの冴えない女性2人組がやってきた。
どうやら姉妹らしい。


姉らしきメガネが妹らしきメガネに話しかける。


「あなたはなに飲むの?」


「私はアイスココアにするわ。」


「じゃあ、私はアイスラテのMサイズで。」


会計をいっしょにするのかと思うのかと思いきや姉メガネはアイスラテM分だけの金額を出す。
さっきの会話の流れ的に会計いっしょじゃね?姉メガネはさっさと立ち去る。


すると妹メガネは


「当然、注文したわ。」


的、態度で黙ってレジの前に立ってお金だけ置いている。
仕方なく私は尋ねる。


「あの、サイズはいかがなさいますか?」


すると妹メガネが苛立ちながらこう言い放った。


「ここにお金置いてあるじゃない。この金額見てわからない?」


ちなみにアイスココアのお値段、Sが290円、Mが340円。
確かに妹メガネは340円置いていたがSサイズを頼んで340円払って50円おつりを
もらう人もいる。


プッチ~ン。


私はニコニコとその日一番の笑顔でグラス満杯に氷を張ったココアを差し出した。
もちろんココアは気持ちいや、できる限り少なめで。


バカ野郎。バーカ、バーカ、バーカ!!!


私は最近、とても機嫌が悪いのだ。


↓応援クリックお願いします! (-人-)↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ パート主婦へ 人気ブログランキングへ

テーマ : 職場の愚痴こぼし・毒吐き場
ジャンル : 就職・お仕事

バーコードの処刑法

今日の喫茶店での話。
とっても態度の悪いおっさんが1人。


それを見て大塚君がぼやく。


「そういえばさ、昼間に来た常連のおやじ!『夏休みまだなんですか?』って言ったら
 『死ぬまで働きます!』とかいった奴!あいつ、まじウゼーよなっ!」


「あぁ。そんな無駄に働いてないでお国のためにトットと死んでくれ。
 そもそもさぁ、うちのウゼェ客ってさぁ、そいつも含めて統計的にみんな頭バーコードで
 メガネかけてねぇ?所長もそうじゃんよぅ。」


所長をご存知ない方はこちらをどうぞ↓

どっかの所長
調子にのる所長


ちなみに今日来た昼間のバーコードもかなり調子にのっている。
まず、レジに来た時点で


「俺、来てやったんだぜ。嬉しいだろ。へへへ。」


という態度満載なのである。
そして、前にかなり売り上げになるとても感じのよい学生の男の子3人組が自分が座ろうとした
席に先に座ろうとしたため


「お前ら、ふざけんなよ!!!先に買ってから席に座れー!!バカ野郎!!」


と、怒鳴り散らし、なんとおい返してしまったのである。
ちなみにそいつはアイスコーヒー一つ。
よっぽど男の子達の方が売り上げになるし、感じもいいし、店的にありがたい。


そして後からヘラヘラしながら


「お店の売り上げの邪魔しちゃったかなぁ~。」


と、言いに来たのである。
さっさとお引取りいただきたい。


たまりにたまった私の怒りがなぜか今日、爆発。


「あいつらみんな処刑してやりたいよね。
 まず、メガネだよ。メガネぶんどってメガネの淵を両方”ポキッ、ポキッ”ってヘし折って
 やるだろ。そしたら次はレンズをシルバー(スプーン)で”ガッ”って両方割ってやるんだよ。
 最後はフレームを”バキッ”ってへし折ってピッって投げつけてやるんだよ。」


「お嬢さぁ、いつも面白いけど、今日はいつもに増して面白いね・・・・・・。」


かまわず私は続ける。


「メガネ殺られた時点でまぁ、あいつらの老眼だかなんだか知らねぇけどよぉ、眼はかなりの
 ダメージだな。次は大切な大切な頭のバーコードだよ。
 まずはバーコードリーダーでバーコード通すだろ?これ基本だよね。
 まぁ、もちろん通るわけないさ。そしたら

 『このバーコードは通らないねぇ!じゃあ、逆にしてやろうかぁっ!』
 
 って言ってバーコードをグッとつかんで逆流させてもう一度バーコードリーダーを通して
やるのさ。それも通るわけないだろ?そしたら

 『こんなバーコードはもう必要ないねっ!!』

 って言ってその育毛剤だかなんだかで大切に大切にしているバーコードを毛抜きで1本1本
 抜いていってやるのさ!これ、かなりの屈辱だぜ。それに大切なバーコードを1本1本って!
 かなりのダメージ!!『やっ!やめてくださぃぃぃぃぃ!!!』ってなるよなぁ。
 そしたら私はこう言ってやるのさ。

 『これでもいつもみたいな偉そうなこといえるのか?えぇ?いつもみたいに偉そうな
  ことをお言いっ!!ほら、言ってごらん!!』

 って。でもここで謝っても手遅れだよね。ためにためて大切なバーコードを1本ずつ毛抜きで
 抜いていくのさ。きっと泣き叫ぶだろうよ。かなりの辱めだよ。フフフ。
 いつかやってやりてぇ・・・・・・。」


「お嬢・・・・・・。かなりのサディストだね・・・・・・。今日、どうしちゃったの?」


「今日は機嫌が悪いのだぁ~。」


「ほんとにやっちゃだめだからね。」


「まぁ、私ならやりかねないよね。」


「そんな・・・・・・、さらっと言わないでよぉぉぉぉぉ!心配だよ。」


「ふんっ。あぁ、いつかやってやりてぇ。処刑だよ。」


そう、最近の私はかなり機嫌が悪いのだ。


↓応援クリックお願いします! (-人-)↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ パート主婦へ 人気ブログランキングへ

テーマ : 職場の愚痴こぼし・毒吐き場
ジャンル : 就職・お仕事

絶句・・・・・・

接客業をしていると想像を絶するおバカな客に遭遇することが多々ある。


昨日の話。
見るからにおバカそうな女子専門学生2人連れがやってきた。
レジの前でなにやら注文を悩んでいる。


うちのお店には豆乳を使ったドリンクがある。
それを注文しようか悩んでいるらしい。
そしてレジにいる私に向かってこんな質問を投げかけた。


「あのぉ~、豆乳っておいしいですか?」


「・・・・・・・・・・・・。」


あまりにもおバカ過ぎる質問に私は絶句してしまった。
そもそもそんなもんは飲む人によるだろーが!!!
お前の豆乳お好み事情なんて知るか、バカ野郎。


多分、私はポカァ~ンと口を開き、そいつの頭の中と同じぐらいおバカな
間抜け顔をしていたことだろう。


人間、絶句するとこうなるんだと後々、自分で感心したものである。


私が絶句して微動だにしないため、渋々父親が答える。


「飲む人によると思いますけど。」


するとそのおバカはさらにグレードアップした質問を投げかけてきた。


「豆乳って、豆乳の味します?」


「・・・・・・・・・・・・。」


絶句のダブルパンチ・ノックアウトKOをくらった私は気絶しそうになった。


「立てぇぇぇ!立つんだ!コモモっ!」


更にアングリと口を開けている娘の代わりにまた渋々父親が答える。


「しますよ~。」


そしておバカは最後に連れの友達に向かって決めゼリフ。


「私、豆乳、大好きなんだよねぇ~。」


決まったぁぁぁ!!!
おバカの見事なハットトリックである。


おバカのコントはまだまだ続く。


「よし!決めた!アイスカフェモカください!」


豆乳、頼まねぇぇぇ!!!
まじすげぇ。


来年、R-1でろよ。


↓応援クリックお願いします! (-人-)↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ パート主婦へ 人気ブログランキングへ

テーマ : 職場の愚痴こぼし・毒吐き場
ジャンル : 就職・お仕事

無神経な人々

今、関東地方では計画停電などが行われ皆、節電を行っている。
私のパート先の喫茶店がある通りのお店もほとんどが節電をしており一部照明を落としたり
営業時間を早めて店を閉めているところがほとんどである。


もちろんうちの喫茶店も無駄な照明は全て落とし、ぎりぎりまで店内の照明も落とし
つけっぱなしだったトイレの電気をこまめに消すようにお客様にも促すようにし節電を
行っている。


そんな中、うちの喫茶店の斜め前にある某チェーンパスタ屋は昼間から看板のライト
外看板、外照明を煌々とつけている。


私はそれに腹が立って仕方ない。
他の店をみて自分の店だけそのようなことをしていて何も感じないのだろうかと
思ってしまう。他の店舗でも同じようなことをしているのだろうか?


店だけではない。
うちのお客様でも稀にとても無神経な発言をする人がいる。


常連のおばさんで店中に響くような超でっかい声で無神経なことをベラベラと話し始めた。
内容については無神経すぎて被災地の方々に申し訳なくてここには記載できない。


私は目の前にあるコーヒーをマジでぶっかけてやろうかと思った。
お前は自分が被災者でも同じことを言えるのか?と、怒鳴りつけてやりたかった。
他のお客様の中に親戚や知り合いで被災された方がいたらどんだけ不快な思いをされるのか
わからないのだろうか?


私は他のお客様からクレームがくるのではないかとハラハラした。
実際に私の親戚・友人が被災地にいたのでこれがお客様でなければついでにトレーで
頭をカチ割ってやっただろう。


そして、今日。
みたことのないオヤジが店に入ってきたとたん


「なんか店の中がすごく暗いんだけど。いつもこんなに暗いわけ?」


と怒り口調で言ってきた。私は


「節電のため、一部照明を落とさせていただいております。」


と応えた。すると


「それはちょっと・・・・・・、いいわ~。」


と、呆れたそぶりをみせながら店から出て行った。
こっちからお断りである。


こっちの方が呆れてしまった。
これまた私はブチぎれ、大塚君に言う。


「なんだ、あのオヤジ!出てけ!出てけ!
 今、この状態で節電して何が悪い!当たり前だろうが!お前なんてこっちからお断りだわ!
 そんなに明るいのがいいなら(斜め前の)パスタ屋に行けよ!
 この前のババァといい、こんなときによくもまぁ、自分のことだけ考えられるよな!
 無神経な奴多すぎるよ!!」


「あぁいうタイプは寝るとき絶対電気つけてるぜ。最低だよ。」


”憎まれっ子世にはばかる”と、言うが私はその意味が今日よくわかった。


こういう無神経な奴らはまず人の痛みがわからない。
そして自分のことしか考えていないため、無神経な言動・発言ができるためきっと
ストレスがたまらないのだろう。だから長生きするのだ。


ここまで言っているのならお前は何かやっているのかとお思いになるだろう。
恥ずかしながらそんな大それたことはしていないが、私は主に節電・義援金の寄付など
小さなことで協力させていただいている。


もともと節約家(ケチともいう)な私は家のコンセントは全て待機電力がカットできる
スイッチタイプのコンセント(うまく説明できずすみません)を使用している。


あと、今まではブログをアップした後やメールチェックをした後などパソコンを
つけっぱなしにしていたが消すようにし、コンビニなどちょっとした外出をする際も
電気やテレビはつけっぱなしだったのを全て消すようにしている。


1人で家にいるときは基本全部のドアを開けっ放しにしておいて一箇所の電気だけ点けて
台所や洗面所の電気はつけないよう心がけている。


そして今回、お恥ずかしながら初めて義援金の寄付をさせていただいた。
これからもしていきたいと思っている。


あとは当たり前のことだが食べ物を残さないようにしている。


とってもとっても小さなことだが、少しでもお役にたてればいいなと思っています。
今更ながらですが、一日も早い復興をお祈り申し上げます。


↓応援クリックお願いします! (-人-)↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ パート主婦へ 人気ブログランキングへ

テーマ : 職場でのできごと
ジャンル : 就職・お仕事

大田さんがやってきた!

喫茶店で、先月ぐらいに大田さん(仮)の採用が決まってみんなとまどった。
なぜなら大田さんは55歳(女性)だからである。


オーナーの次に年上じゃん。
どーすんだよぉー、誰が教えるんだよぉー。


もちろん教育係は大塚君(34歳)である。朝のシフトなので仕方あるまい。
他の大学生のバイトの子達は自分の親よりも年上というのだからこれまたびっくりである。


大田さんがシフトに入ってから2・3日ぐらいして大塚君に尋ねてみる。


「大田さんどうよ?ちゃんと教育してる?」


「してるぜ。なんか敬語でやるのもおかしいからしっかりと。
 今日もレタスの仕込みのとき
 『大田さん、そんなチマチマちぎってどうすんの!サラダ作ってるんじゃないんだから!
  手のひらサイズ!手のひらサイズ!あ、手のひらって言っても俺の手のひらね!』
 って、厳しく指導したぜ。」


ほう。大塚君も相変わらず頼りにならない男である。
朝、もう1人女性恐怖症の大学生の男子・鈴木(仮)が入っている。


しかし、大田さんレベルになると鈴木も女性として意識しないらしくとても厳しく指導している。
この前、私が出勤したときなど


「大田さん、わからないことあったらちゃんときいてくださいね(怒)」


と怒っていた。
そして、大田さんは主婦のため、たまに世間話をするらしい。


「うちのマンションの庭でね、家庭菜園をしていてねルッコラが育ってねぇ。
 今、野菜高いでしょう?だから助かるのよぅ。」


忙しい中、のんきに世間話する大田さんに鈴木が一言。


「今、お宅のルッコラはどうでもいいんで、うちのレタスやってくれません?」


こんな感じで朝、ギスギスしながらやっているらしい。最近でも


「大田さん、モーニングのパン焼いて!」


・・・・・・(ランチの)パンがこんがり焼きあがる。


「大田さん、(ランチの)パン焼いて!」


・・・・・・モーニングのパンがこんがり焼きあがる。


「大田さ~ん!!とりあえずパン焼きゃいいってもんじゃないんだよっ!」


「あいつ全然仕事覚えるつもりねぇんだよっ!間違えても
 『あははははぁ~!』って笑ってやがる・・・・・・!」


とキレる大塚君。
ちなみに私はいつも昼間入れ替えのときにしか会わない。すると


「あらあら、手洗う?」


完璧、娘のような扱いである。


そして昨日、大田さんが休憩に入ったときにバイトの女の子がそそくさと
大塚さんに耳打ちしたという。


「大塚さん!大田さん、男性のユニフォーム着てます!!」


「えぇぇぇ!まじで?なじみすぎててきずかなかった!」


そして確認すると見事に男性のユニフォームを着こなしていた大田さん。
そしてこともあろうにそのユニフォームは大塚君のユニフォームだったという。


自分の息子よりも年下のガキに教わりながらも図太く働く大田さん。
とても強いハートを持っていると思う。


↓応援クリックお願いします! (-人-)↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ パート主婦へ 人気ブログランキングへ

テーマ : 職場でのできごと
ジャンル : 就職・お仕事

プロフィール

コモモちゃん

Author:コモモちゃん


性 別: メ ス
年 齢: 33歳(若作り)
血 液: O 型
兄 弟: いない
結 婚: している(7年目)
子ども: 妊娠中
現 在: 東 京(昔も東京)
うつ歴: 2005年に発症
      現在通院・投薬なし

このブログ:私とお坊ちゃまの
       結婚生活の記録

カウンター
これまでのお客様

現在の閲覧者数
おきてがみ
おきてがみ
足あとを残せます☆
後ほど訪問致します(-人)謝謝

ランキング参加中~♪
貴方の"ポチ"をお待ちしてます

にほんブログ村 恋愛ブログ 夫婦恋愛へ



PINGOO!カテゴリメンタルヘルス

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
お友達リンク
相互リンク募集中で~す♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。